秋になると食べたくなる、パウンドケーキ。

2015年 9月 24日 (木)

ざっき

poundcake_01

小麦粉、バター、砂糖、卵をそれぞれ1ポンドずつ使って作ることから「パウンド」ケーキと名づけられた。

-wikipediaより-

これまでに数えきれないくらい作ってきた、パウンドケーキ。
もちろん、各材料を1ポンドずつ・・ということは以前から知ってましたー!って、wikiに向かって自慢気な顔をしたところで、ただの気持ち悪い人です。

シルバーウィーク、こんな長期な休みに甘〜いおやつがないなんて・・。よし、この長い休みを美味しく過ごすためにおやつを作るぞ!
と、いうことでパウンドケーキを焼くことにしました。

クッキングスタート!

poundcake_03
材料はこんな感じ。
プレーンでもよかったけど、せっかくの休みだから?という不明な理由で、大粒のチェリーと小粒のフルーツミックスを入れることにしました。

順調にすすむお菓子づくり

poundcake_04
ベーキングパウダーは使わずに、卵黄と卵白を別々に混ぜる、「別立て」。卵白のメレンゲでフワッと感をつくり、生地を膨らませます。

poundcake_05
生地ができました。あとは焼くだけ。

出来上がり!のはずが・・

poundcake_06
焼き上がり!のはずが、若干の生焼けが・・。
この後、焼き時間を延長。・・×2回。

こんどこそ、出来上がり!

poundcake_07
なんとかリカバリーして、食べられるおやつに。
生地をこねくり過ぎました・・。メレンゲがつぶれてしまって熱が入りにくい状態になってしまい、既定の時間で焼けきれずに生焼けをおこしてしまいました。

今日のつぶやき

バターの練りもあまかったかもな・・。
出来としては、40点くらい。
リカバリーの技に磨きがかかったから、いいとしよう。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください