主婦なら知らないと損をする、あなたの知らない白手袋の魅力。

2016年 5月 12日 (木)

暮らし

white_glove_01

イラストレータの変数と格闘していた昨年の秋ごろ、仕方なく使いはじめた白手袋。
ホームセンターに売ってるアレです。
空気が乾燥すると手が荒れる…。若い頃はそんなことなかったのに、と言ってること自体どうなのか? これ以上自虐しても悲しいので、本題に入ります。

素手で家事しちゃダメ?!

手荒れがピークの秋ごろ、もうとにかく、衣類を触るのも、洗いものするのも、掃除するのも、物に触れることすべてがイヤ!という状態で、でも家事って止めておくことできなくて。

皮膚科のせんせーにも、「主婦の人は、治りにくいよね。でも薬を塗らずにおくよりはいいですから。」みたいなことを言われ、(えー!ちゃんと治るんじゃないの?!)とツッコミたいのを我慢しました。たしかに、薬を塗っても2〜3時間後には水をつかい、数時間おきにちょっとずつ家事なんてしてたら、治るものも治らないです(笑)

妹いわく、「素手で家事なんてしたらダメだよ。あの白い手袋がオススメっていうか、マジで手袋した方がいい。」らしく、医療従事者にそんなに力説されたら、手袋しないといけない気になり、しぶしぶ使うことに・・。

手袋、はめたくない!

なんでも素手でやりたい派の私にとって、手袋はめて家事をするなんて、拷問に近い状態でした。しぶしぶ使い始めたうえに、手袋をはめると手の感覚が鈍くなるので、自分の思うスピードで家事をこなせずにイライラしたりして、最初はすごいストレスでした。

ちょっとはめては、すぐに外し、(やっぱ素手が一番!)と開放感にひたっていました。

これ、なかなか使えるやつ

でもでも、慣れとはおそろしい?ものです。あんなにストレスに感じていた白手袋も、使い続けていくうちに、” なかなか使えるやつ ” であることに気づきはじめました。

  • 洗濯ものをたたむ時、指先のチクチクがない!
  • カーテンの開け閉めする時、手先のガサつきを感じずにすむ!
  • 新聞やダンボールの片付けは、素手でやるよりも格段にやりやすい!
  • 掃除機がけする時、椅子を動かしたりするのが面倒に思わなくなった!

特に顕著なのは、衣類をはじめとした布製品に触れる時と、少しだけ力がいる作業の時でした。ダンボールの片付けなんて、なんで今までそんなに億劫がっていたんだろう?と思うくらい、白手袋の威力でスイスイ片付きます。

これ、スッゴイ使えるやつ!

white_glove_02
最近ではそれに飽き足らず、掃除用具としても使い始めました。
障子の桟に溜まったホコリや、水あとのついた蛇口なんかを、白手袋をはめた手で撫でるようにしていくと、まぁ〜なんてことでしょう!一瞬で綺麗になっていくではありませんか。

これは使える!スッゴイ使えるやつじゃん!
この世紀の大発見をしてからというもの、白手袋をはめて家中を撫でまわす毎日。
おかげで、今から掃除するぞ!なんて意気込まなくても、気がついた時にポケットに突っ込んである手袋をはめて、ちょっと撫でるだけでお掃除ができちゃうので、まさに一石二鳥。

値段もお手頃で、20組入りとかなので、気軽にホイホイ新しいやつを使えますし、使い終わったらまとめて漂白すれば元通り。
白いので汚れ具合が分かりやすく、いつも清潔に使える点もGood!です。
汚れたものは畑作業に使うなど、最後までおいしくいただける…もとい、使い切ることができるのも白手袋の魅力です。

今日のつぶやき

ほかにも、冷凍ものを触る時や、冷蔵庫のお掃除なんかにも大活躍してくれます。
薄くても少し重たいスマホは机に置きっぱなしでも、
薄くて軽くて柔らかな白手袋は、ポケットのセンターポジションを堂々獲得。どこへ行くにも一緒の毎日です。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください