9月3日はぐっすりの日

2015年 9月 3日 (木)

暮らし

day0903_zzz

今日9月3日は「グッ(9)スリ(3)」で、ベッドの日。
日本ベッド工業会が制定し、日本記念日協会にて2005年に認定された記念日だそうです。
ちなみに、世界のぐっすりデーなる「世界睡眠デー」は3月18日なんだそうです。
なにはともあれ、ベッドで眠る人もそうでない人も、ぐっすり眠って夏の疲れをとりたいものです。

ダントツ短い!日本人の睡眠時間

日本人はたくさん働くので、睡眠時間が短い人が多いのではないでしょうか。睡眠時間が6時間未満の人を「ショートスリーパー」、9時間を超える人を「ロングスリーパー」といいますが、日本人の平均は7時間ちょっと。
世界的に見ると、”ダントツ短い!”です。(世界平均は8時間超え)
「人生の3分の1は眠っている」は過去の常識になりつつありますね。

経済協力開発機構(OECD)の調査結果によると、世界26カ国を対象にした15歳〜64歳の国民の平均睡眠時間は以下のとおり。

国民の平均睡眠時間

1. ニュージーランド 8時間46分
2.アメリカ 8時間35分
3.スペイン 8時間35分

25.日本 7時間42分
26.韓国 7時間41分

国から睡眠に関する指針が出ている!

厚生労働省からは「健康づくりのための睡眠指針2014」なるものが打ち出されています。
その中では、睡眠12箇条が掲げられ、それぞれについて解説がのっています。
健康づくりのための睡眠指針2014

健康づくりのための睡眠指針 2014

~睡眠12箇条~
1.良い睡眠で、からだもこころも健康に。
2.適度な運動、しっかり朝食、ねむりとめざめのメリハリを。
3.良い睡眠は、生活習慣病予防につながります。
4.睡眠による休養感は、こころの健康に重要です。
5.年齢や季節に応じて、ひるまの眠気で困らない程度の睡眠を。
6.良い睡眠のためには、環境づくりも重要です。
7.若年世代は夜更かし避けて、体内時計のリズムを保つ。
8.勤労世代の疲労回復・能率アップに、毎日十分な睡眠を。
9.熟年世代は朝晩メリハリ、ひるまに適度な運動で良い睡眠。
10.眠くなってから寝床に入り、起きる時刻は遅らせない。
11.いつもと違う睡眠には、要注意。
12.眠れない、その苦しみをかかえずに、専門家に相談を。

抜粋:健康づくりのための睡眠指針2014(厚生労働省健康局 平成26年3月)より

睡眠改善インストラクターがお届けする眠りのコラム

ichidashoten
眠りにまつわるお品もの専門店、市田商店の「眠りのお話」。
睡眠改善インストラクターがお届けする眠りのコラムがたくさんあって、どれもためになるお話ばかりです。
市田商店「眠りのお話」

眠りに関する川柳

day_0903
こちらは「眠り川柳」を募集している、枕屋さんのショッピングサイト。
一句いかがでしょうか。
過去の受賞作品でクスっと一笑いするのも面白いです。
眠り製作所

今日のつぶやき

ここがニュージーランドだったら、私は寝ぼすけなんて呼ばれたりしないのに・・。
今日はぐっすりの日だから、たくさん寝ても言い訳ができます。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください